教えて!スキンケア&パーソナルケア

text : Aloe Beauty

ボディケアは部位に合わせて

ボディケアは部位に合わせて

私たちの体の皮膚は、部位によって角質の厚さや皮脂の分泌量が違います。そのため、乾燥やしわなど肌の悩みは部位によって違ってきます。部位に合わせたケアをすることが大切です。

〇角質が厚く荒れやすい部位
ひじやひざ、手のひら、かかとは角質が非常に厚く、角質が溜まりやすかったり外部刺激に触れることが多いため、とても荒れやすい部位です。そのため、定期的なケアで不要な角質を取り除く必要があります。角質を取り除く際は、何度も強くこするなど過度に摩擦を起こすと、未熟な角質が表面に出続けることで肌トラブルを引き起こしたり、くすみの原因になったりするので注意が必要です。

〇皮脂が多くニキビができやすい部位
関節の内側、背部・腹部・胸部の中心部、顔は皮脂分泌が活発で、ニキビができやすい部位です。特に顔は、「鼻>額>頬」の順に皮脂が多くなります。毎日やさしく洗浄することで余分な皮脂を取り除き、清潔に保つ必要があります。皮脂が気になるあまり何度も洗浄すると、逆効果になることがあります。一日1回~2回の洗浄が適しています。

〇皮脂腺が少なく乾燥しやすい部位
腕、脚は皮脂分泌がほとんどないため、乾燥しやすく荒れやすい部位です。洗浄成分は肌のうるおいを一時的に奪い、乾燥につながることがあります。洗浄した後は、うるおいを残す保湿クリームでのケアが効果的です。

部位に合わせたケアで、体を汚れや乾燥から守り、うるおい美人を目指しましょう。

Products